乱数発生器(パスワード生成) Ver.2

数字のみ、英数字、特定の文字を使って、乱数、ランダムな文字列を生成するツールです。
桁数、件数を設定するだけでランダムな文字列を取得できます。
また、内部処理を見直し、高速化したバージョンになりました。(2017年06月17日にバージョン 2公開!)
 
「重複を認める」にチェックを入れない場合(重複がない乱数を生成する場合)は、生成される乱数の件数が「件数」で指定した件数より少なくなる場合があります。
そのため、件数が不足するときは、生成するレコードの件数の指定を若干多めに生成するといいでしょう。 
 
 

生成する文字列の基本条件

桁数: (数字のみ 6桁、英数字は最大は 30桁まで)
  ※数字のみの 7桁以上を生成する場合は「下記の文字を基に作成する」の文字を数字のみにしてください。

件数: (最大は 400,000件まで)

 

生成する文字列の条件

 数字のみ
   数値の最小値:
   数値の最大値:
  ゼロ埋めしない
   ※最小値、最大値の入力がない場合は、桁数にあわせて最大値(3桁なら「999」)、最小値(「0」)が設定されます。

 英数字
  下記の文字を基に作成する
  
  ※上記の文字列には紛らわしい文字として、大文字、小文字の「i(アイ)」「I(アイ)」、
   小文字の「l(エル)」、大文字、小文字の「O(オー)」「o(オー)」は含まれていません。

 

重複の有無

 重複を認める

 

取得方法

画面に表示する
ファイルに保存する
 
 

 
 
 

乱数発生器(パスワード生成):生成結果

 
 
 

乱数発生器(パスワード生成)についての解説

 

乱数発生器(パスワード生成)とは?

数字のみ、英数字、特定の文字を使って、乱数、ランダムな文字列を生成するツールです。
桁数、件数を設定するだけでランダムな文字列を取得できます。
内部処理を見直し、高速化したバージョン 2になりました。(2017年06月17日にバージョン 2公開!)
 
「重複を認める」にチェックを入れない場合(重複がない乱数を生成する場合)は、生成される乱数の件数が「件数」で指定した件数より少なくなる場合があります。
そのため、件数が不足するときは、生成するレコードの件数の指定を若干多めに生成するといいでしょう。
 
「乱数発生器(パスワード生成)」の詳細解説については下記のページをご覧ください。
乱数発生器(パスワード生成サービス)がバージョンアップで高速化!(https://blog.s-giken.net/347.html)
 

 

乱数発生器(パスワード生成)の利用上の注意点

・200件を超える乱数を生成する場合は、「取得方法」は「ファイルに保存する」を選択してください。
・「取得方法」で「ファイルに保存する」を選択した場合の実行は、1分間に 1回に制限しています。
・利用者が多くサーバの負荷が高まったときは、処理の制限が行われる場合があります。その場合は、最大 1時間お待ちください。
 
 

乱数発生器(パスワード生成)【利用シーン】

・懸賞に必要なシリアルコードが欲しい
・複数人分のパスワードをまとめて生成したい

 
 

乱数発生器(パスワード生成)【ちなみに...】

数字のみの場合と任意の文字列で文字列を生成する場合と違う処理になっています。 
そのため、数字のみの場合は 7桁以上の処理が行えませんので、7桁以上の数値の乱数が必要な場合は、「英数字」を選択し、「下記の文字を基に作成する」の文字列を数字のみにしてください。

↑ ページの上部へ